本を作ろう、本で読もう TEAPOTノベルズ

この作品は下記のサイトに掲載しています

https://teapot-novels.com/works/01205402/
コピーしました
気まぐれ Arrivederci鈴本佳菜
ジャンル:現代ドラマ
大通りから少し中へ入っていくと、綺麗な新築ばかりの住宅街がある。そこを過ぎて道を進むと一軒のお店がある。民家や公園に囲まれたその店はまだ新しく、レンガの敷かれた道に丁寧に植えられた花達、大きめの木の扉に、右上には黒のアンティーク風のらんたん。店の名前は『気まぐれ Arrivederci』。店主は20代の笑顔の優しい女性と、あまり笑わない20代の男性の2人。料理とデザート、お酒もあります。何が気まぐれか、それは店主の気分次第で店の開店時間が変わったり、お客様がいても看板がcloseに変わるんです。ようこそ、『気まぐれ Arrivederci』へ。
現在の書籍化応援数[1]→書籍化まであと149票


[この作者の他の作品]