この作品は下記のサイトに掲載しています



TEAPOTノベルスサイトへ
https://teapot-novels.com/works/01203198/
コピーしました
白雪姫は美女と野獣に愛される宵宮祀花
ジャンル:恋愛
地方の小劇場に所属する小鳥遊小羽は、幼少期にアルビノを理由にいじめられたせいで、親友である紗夜の前以外では常に変装をしていた。痛みを忘れて心のまま輝けるのは、舞台の上だけ。なのに、劇場のオーナーによる取り潰し命令で、劇団は解散の危機に陥ってしまう。そんなとき、突然謎の男が現れて「団員の女性が誰か婚約者になってくれれば劇団を救ってあげましょう」と告げる。どうやら金持ちらしいが長い前髪で素顔は見えず、ずんぐりとした体型な上に陰気な猫背。そんな彼の恋人になりたがる女性はおらず、小羽がその役目を負うことに。互いに素顔を知らないままのビジネス契約から始まる、運命の恋物語。
現在の書籍化応援数[2]→書籍化まであと148票