この作品は下記のサイトに掲載しています



TEAPOTノベルスサイトへ
https://teapot-novels.com/works/01101426/
コピーしました
「異相譚:最果ての魔女」と『奇譚:勇者スレイヤー』一塚保
ジャンル:ファンタジー
”魔法に頼る世界・アグラディア”。魔王が支配し、魔物が蔓延り、人類は混沌に包まれている。そこは転生者『木明名古(キミョウナコ)』が産み出したファンタジー世界であった。だが魔法で便利な世界を作ったのに、彼女は『魔王』と恐れられている。ナコの弟・ジルは、この不遇な姉の為、魔王である姉を殺さんと生まれ続ける勇者を屠り続けていた。そんなある日、謎の預言者『ライラ』が二人の下に現れる。「一年後。次の第七勇者が来年に誕生し魔王様を討つ。真の勇者になるとの預言を預かってきたのです」。その預言に抗う為、ジルはライラと共に勇者討伐の旅に出るのであった。
現在の書籍化応援数[1]→書籍化まであと149票