アイン・スタンスラインの波瀾なる軌跡と彼が起こした奇跡について
著者杞優橙佳
発売日 ファンタジー・SF・2020年09月30日発売
ISBN978-4-910330-01-3
販売価格1,540円(税込)

あらすじ

『まわりと同じ感性をもてば、助け合って生きていけるのだ。村の外に出る必要はない』。鳥籠のような故郷の村でそう言い聞かされて育った少年アインは、しかし世界に飛び立つことを諦めなかった。人の介助を受ける鳥のように、自分の才能を忘れてしまってはいけない。この鳥籠をいつか出なければならない。
 ある夜アインは友人の妹を助けるため、それが禁忌であると知りながら山ノ神カルドラをその手にかける。そして『無限の境界』を手に行動と改善を繰り返した彼は、秋の収穫祭で村の信仰に終止符を打つのだった。
「そうさ、世界の問題を解決し続けた先に、全人類が求める理想の世界がある」――アイン・スタンスライン、十四歳。世界の片隅で生まれた名も無き少年は旅立ち、やがて十七年の歳月をかけ世界を動かす偉業の人となる。

試し読み